土佐指南家おかみの日記 4月4日

2019.04.04 Thursday

0
    女性シェアハウス&民泊「土佐指南家」おかみのレイです。

    今年も、おかみの農作業の体験取材がスタートしました!!
    高知でりんこや梨を30年以上栽培されている高知県佐川町の土本観光果樹園さんにお世話になります。よろしくお願いいたします。



    本日は新高梨の受粉作業を体験しました。
    4月とはいえ数日寒い日が続き、例年よりも開花が遅いようです。寒さに負けず、頑張って開花してと願うばかり。



    花芽には蕾が9個ほど入っていて、今後、様子を見ながら摘蕾して調整していきます。3番目か4番目に咲く花が収穫される果実となることが多いようです。
    天候などに応じ調整をする大変さを知りました。新高梨は一般的な梨に比べて大きく、2倍から5倍ほどの重さとなります。1個で800g〜1.5kgの大きさへ。



    青空の下、サングラスとマスクの作業スタイルで行います。桜や梨の花に囲まれ心地よい時間はあっという間に過ぎていきます。

    これからも手作業での受粉作業が続きます。梨に続き、りんごへ。この美しい花や景色を見て、体験していただきたいと心から思います。



    土本観光果樹園さんでは、子どもからお年寄りまでみんなが安心して食べられる梨やりんごを育てることを栽培当初から貫いています。笑顔が絶えない3世代家族の優しさも伝わってきます。高知では珍しいりんご栽培に30年間携わってきた熱意や土づくりなどのこだわりにも感銘を受けました。ステキな果樹園さんでの、おかみの体験取材は今後も続きます!



    どうぞお楽しみに!最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。