土佐指南家おかみの日記 7月12日

2018.07.12 Thursday

0
    土佐指南家おかみのレイです。
    7月に入り、大雨が降り続きましたが、おかげさまで影響なく無事でした。
    全国からお心遣いの連絡を頂き、深く御礼申し上げます。そして、被害に遭われたみなさまが、早く平常の暮らしができますよう願っております。

    おかみは、りんご栽培の体験取材中で、7月12日には、りんごの袋掛け作業をしました。佐川町の土本観光果樹園のみなさま、ご指導頂き、ありがとうございました??



    りんごは、大雨の影響はなく青い果実をつけていて、その成長ぶりに感動しました。「よう、あの雨をしのいで頑張ったね。」
    「ふじ」りんごの袋掛けの体験がスタートしました。1つ1つ手作業で、りんごを入れて袋の外側に、はめ込まれた針金を使い、開口部分を押さえます。少しずつ、収穫へのステップが近づいてきてワクワクしています。収穫が待ち遠しいですね。



    作業体験は、貴重な時間となり、充実感があります。さらにスタッフのみなさまとのやりとり、聞くことが新鮮で楽しくてたまりません。ぜひ、このことを土佐指南家で農業研修希望の方にお伝えしたいと思います。

    おかみにもっと詳しく、農業研修の体験について聞きたい、参加したいという方、ぜひご連絡ください。

    おかみ自身も、キャリアコンサルタントの学びとして、相談技術の講習で大阪などを行き来しながらこの夏を過ごします。人生常に学びだと実感しています。
    高知の熱い夏は、これからが本番。農業研修の体験をはじめ、観光、移住に関するコトも気軽にご相談ください。高知で過ごす拠点として、土佐指南家のご利用、よろしくお願いいたします。

    最後までお読み頂き、ありがとうございます。